*中也先生失恋后的情诗。

*超长。在《山羊之歌》中长度仅次于《憔悴》(orz
    
【译文】

    无  题
   

    Ⅰ
    

恋人啊,你分明曾对我倾尽温柔,

我却顽固不化。昨夜与你分别后,

我狂饮着,痛斥人间软弱。今晨

醒来,你的温柔再一次涌上心头,

使我责叹我自己的污秽行径。遂

神志昏昏,于此陈情,抛却羞耻,

抛却风度,可还是无法坦率直言,

我被我的幻想驱逐、狂乱地回旋。

      

我从未想去窥视揣度他人的心情,

恋人啊,你分明曾对我倾尽柔情,

我却顽固不化,任性得像个孩童!

醒来后,无数次经历宿醉的大脑,

察觉到了窗外,寒冷清晨的气息,

忆起你的温柔和被我咒骂的人们。

复陷入不知自己为何物的悲伤中,

今晨我终于确信,自己其实什么也不是!

    

   

    Ⅱ

    

她的心直率又真挚!

她粗犷奔放地成长,

无依无靠,心灵在

无可汲取的杂乱中,

生存下来,她的心

比我的更率直、又毫不踌躇。

    

她真美。在漩涡般难辨的世上

她伶俐地,谦谨地生活着。

因这太难分辨的漩涡般的世界,

她的心或遭摧折,甚至虚弱地

陷入焦灼,但她永存优雅风度。

她多么美,多么伶俐!

   

曾经她的灵魂,多么渴求温柔之心!

可她如今,早已放弃追寻。

除了个自私的幼稚的怪胎似的小孩,

她谁也不曾遇见。而她却由此确信,

人,所谓的人,尽是这种恶棍罢了。

她封闭自己,扭曲自己。她多可怜!

    

   

    Ⅲ

    

在这世上悲哀地生活,请你不要

让这颗心变得顽固。

无论我们能多亲密

也请你不要,让你的心变得顽固。

    

若是变得顽固,心灵也好灵魂也好

视而不见,听而不闻

安详平和滋长之时,人就回归本心

回归于最初的美梦,彻悟所有真理。

    

心灵也好魂魄也好,我要把它们通通抛弃!

在宿醉的遗忘中,狂乱之心苦苦索求美丽

让这份伤悲、成为我所生活的世界的部分

    

已经没有什么东西可以激荡我的心旌,

滋长着的,尽是想要胜过别人的心情,

悲哀荡然无存,唯余高热的病态风景。

 

 

    Ⅳ

   

我正在想着你啊。

我怀着纯净又平和的心情、

昼夜浸淫其中啊。

我觉得自己仿佛是个罪人。

    

我爱着你啊,我全身心地爱着你啊。

各种各样的事情在脑海中飘来飘去

但它们都是无论如何也办不到的啊,

我想要抛弃自己,全身心奉献于你。

   

除了这么做之外,我这人已经

没有其他希望,没有其他目的,

若是这么做,我就会获得幸福。

    

获得幸福,尽数忘却世间烦扰,

无论何事都要全部忘却,因为

因为我奉献于你,这便是幸福!

 

   

    Ⅴ 幸福

    

幸福在马厩之中

麦秸之上。

所谓幸福,

平和的心灵能立刻领悟。

   

    顽固的心,在不幸中滋生怒意

    又在怒意中眼花缭乱迷失自我

    纷至沓来的各种事情搅乱内心

    于是,不幸的人变得更加不幸

   

幸福是休憩

使你肩上负担的责任

渐渐地减轻

幸福是充满理解之心。

   

    顽固的心,缺乏理解

    不知该做什么,只是

    意气消沉,容易愤怒

    被人厌恶,兀自悲伤。

   

既然如此人们啊,你应当选择顺从。

若是顺从的话,你终将会迎来幸福,

尽力去学,尽力学习这么做,

你的风度将会高尚,你的力量将会升扬!

-------------------

    

【赏析】

(施工中)

--------

【注】

*朗诵版→

https://www.youtube.com/watch?v=PdNMKthr23Y

(自动播放到这首诗里的一句:“私はおまえを愛しているよ、精一杯だよ。”被惊到,遂翻译。)

  

*“Ⅲ”的原文有点古日语的风格,翻译时部分参考现代语进行意译

   

*本诗搭配中原中也的散文《我的生活》食用,风味更佳。意念艾特铝桑正在进行的翻译。(笑)

   

-------------------

【原文】

 

無 題

 

   Ⅰ

 

こい人よ、おまえがやさしくしてくれるのに、

私は強情だ。ゆうべもおまえと別れてのち、

酒をのみ、弱い人に毒づいた。今朝

目が覚めて、おまえのやさしさを思い出しながら

私は私のけがらわしさを歎(なげ)いている。そして

正体もなく、今茲(ここ)に告白をする、恥もなく、

品位もなく、かといって正直さもなく

私は私の幻想に駆られて、狂い廻(まわ)る。

人の気持ちをみようとするようなことはついになく、

こい人よ、おまえがやさしくしてくれるのに

私は頑(かたく)なで、子供のように我儘(わがまま)だった!

目が覚めて、宿酔(ふつかよい)の厭(いと)うべき頭の中で、

戸の外の、寒い朝らしい気配(けはい)を感じながら

私はおまえのやさしさを思い、また毒づいた人を思い出す。

そしてもう、私はなんのことだか分らなく悲しく、

今朝はもはや私がくだらない奴だと、自(みずか)ら信ずる!

 

   Ⅱ

 

彼女の心は真(ま)っ直(すぐ)い!

彼女は荒々しく育ち、

たよりもなく、心を汲(く)んでも

もらえない、乱雑な中に

生きてきたが、彼女の心は

私のより真っ直いそしてぐらつかない。

 

彼女は美しい。わいだめもない世の渦の中に

彼女は賢くつつましく生きている。

あまりにわいだめもない世の渦(うず)のために、

折(おり)に心が弱り、弱々しく躁(さわ)ぎはするが、

而(しか)もなお、最後の品位をなくしはしない

彼女は美しい、そして賢い!

 

甞(かつ)て彼女の魂が、どんなにやさしい心をもとめていたかは!

しかしいまではもう諦めてしまってさえいる。

我利(がり)々々で、幼稚な、獣(けもの)や子供にしか、

彼女は出遇(であ)わなかった。おまけに彼女はそれと識らずに、

唯(ただ)、人という人が、みんなやくざなんだと思っている。

そして少しはいじけている。彼女は可哀想(かわいそう)だ!

 

   Ⅲ

 

かくは悲しく生きん世に、なが心

かたくなにしてあらしめな。

われはわが、したしさにはあらんとねがえば

なが心、かたくなにしてあらしめな。

 

かたくなにしてあるときは、心に眼(まなこ)

魂に、言葉のはたらきあとを絶つ

なごやかにしてあらんとき、人みなは生れしながらの

うまし夢、またそがことわり分ち得ん。

 

おのが心も魂も、忘れはて棄て去りて

悪酔の、狂い心地に美を索(もと)む

わが世のさまのかなしさや、

 

おのが心におのがじし湧(わ)きくるおもいもたずして、

人に勝(まさ)らん心のみいそがわしき

熱を病(や)む風景ばかりかなしきはなし。

 

   Ⅳ

 

私はおまえのことを思っているよ。

いとおしい、なごやかに澄んだ気持の中に、

昼も夜も浸っているよ、

まるで自分を罪人ででもあるように感じて。

 

私はおまえを愛しているよ、精一杯だよ。

いろんなことが考えられもするが、考えられても

それはどうにもならないことだしするから、

私は身を棄ててお前に尽そうと思うよ。

 

またそうすることのほかには、私にはもはや

希望も目的も見出せないのだから

そうすることは、私に幸福なんだ。

 

幸福なんだ、世の煩(わずら)いのすべてを忘れて、

いかなることとも知らないで、私は

おまえに尽(つく)せるんだから幸福だ!

 

   Ⅴ 幸福

 

幸福は厩(うまや)の中にいる

藁(わら)の上に。

幸福は

和(なご)める心には一挙にして分る。

 

  頑(かたく)なの心は、不幸でいらいらして、

  せめてめまぐるしいものや

  数々のものに心を紛(まぎ)らす。

  そして益々(ますます)不幸だ。

 

幸福は、休んでいる

そして明らかになすべきことを

少しづつ持ち、

幸福は、理解に富んでいる。

 

  頑なの心は、理解に欠けて、

  なすべきをしらず、ただ利に走り、

  意気銷沈(いきしょうちん)して、怒りやすく、

  人に嫌われて、自(みずか)らも悲しい。

 

されば人よ、つねにまず従(したが)わんとせよ。

従いて、迎えられんとには非ず、

従うことのみ学びとなるべく、学びて

汝(なんじ)が品格を高め、そが働きの裕(ゆた)かとならんため!

 

*本诗收录于《山羊之歌》

评论(10)
热度(92)
  1. 月夜的海边月夜的海边 转载了此文字  到 月夜的藏书楼

© 月夜的海边 / Powered by LOFTER